親バカ

親バカ 親バカ

息子と娘の成長ほど嬉しいことはなし。

いま思うこと

才能の正体

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」で有名な坪田信貴さんの「才能の正体」を読みました。 人は「才能」という言葉を都合よく使って逃げてしまいがち。でも、そもそも「才能」って何だろう?聖徳太子を「せいと...
親バカ

iPadで暗記の勉強(中学1年生)

中学1年生の娘、学校で全員iPadを使った授業が必須のため、1台購入しました。 また、こちらは必須ではありませんが、授業でiPadに配布されるプリントに直接、ペンで書き込みしたいという娘のリクエストに答えて試行錯誤の末にApple ...
親バカ

東大の第92回、五月祭@本郷キャンパス

今まで縁がなかった五月祭ですが、この春に入学した息子がさっそくクラスの仲間と模擬店を出すというので行ってきました。 東京大学では5月の五月祭(本郷キャンパス)と11月の駒場祭(駒場キャンパス)の2回、学園祭がありますが、...
親バカ

テプラより綺麗で安く名前シールを作る方法

娘の中学では持ち物に全て名前を書くというルールがあります。油性ペンで自分で書けばいいじゃない、と思うのですが、綺麗に印字したシールを貼りたいからテプラを買って欲しいと言います。 調べてみるとテプラは本体だけで数千円しますし、デザイン...
親バカ

東大生となった君へ

息子の大学受験が終わりました。 硬式テニスを存分にやりたいという動機でテニスコートが5面ある中高一貫校に進学し、テニス部とスクールでテニス三昧の日々。 ...
親バカ

小中学生の初めてのスマホ選びと利用ルール

小中学生に初めてのスマホを持たせる際、どんな機種が妥当か、どんな契約が経済的か、そして最も重要なのがどんなルールで利用させるか?といった疑問に実際のケースを交えてお答えします。
親バカ

娘の中学受験が終わりました

娘の中学受験を振り返ったメモ。 進学先の決め手、受験が終わってからの様子、娘が中学受験を通して得たものなど。
親バカ

佐久長聖・東京入試1 慶應義塾大学会場の様子

中学受験はほとんどの学校が2/1から4日間ほどの日程で試験日程が組まれていますが、地方の進学校等は1月に東京で試験を実施するケースが散見されます。 息子の時は受験本番の緊張感を体験するために埼玉県の栄東中学校を1月に受験...
親バカ

コアプラス理科・社会を完璧に暗記する方法

暗記系は色々な教材に手を出さない 早いもので中学受験まで一ヶ月を切りました。高3息子は粛々と自習に通う日々ですが、小6娘はまだやる気にムラがあります。 特に暗記中心の社会、理科は最...
親バカ

親バカ

タイトルとURLをコピーしました