投資

NISA投資6ヶ月の成績表

スポンサーリンク
投資
スポンサーリンク

早いもので2024年1月からNISA投資を初めて半年が経ちました。ここまでの成績を振り返ってみると、NISA全体では6ヶ月間ほどで+11.8%となっており、今のところは想定以上に好調な滑り出しとなりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界株式

我が家のNISAポートフォリオの約半分を投資しているのが世界株式のファンドです。世界株式のインデックスには、大きくMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスとFTSE グローバル・オールキャップ・インデックスがあります。

それぞれのインデックスに投資する投資信託は多数ありますが、代表的なものとして前者ではeMAXISSlim全世界株式(オールカントリー)、後者は楽天・全世界株式インデックス・ファンドがあります。この半年間のパフォーマンスを確認すると以下のとおり。

リターン(6ヵ月)リターン(3年)
eMAXISSlim全世界株式(オールカントリー)28.1%75.8%
楽天・全世界株式インデックス・ファンド26.4%70.7%
NISAでの実績(つみたて投資枠)※毎日投資12.2%
NISAでの実績(成長投資枠)※毎月投資12.5%

我が家のポートフォリオを見ると、ほぼ12%程度でプラスとなっており上々のスタートとなりました。全般的に株式市場は好調で、かつ160円/$程度まで円安基調が継続していることが要因です。

スポンサーリンク

米国株式

NISAの4分の1程度を充てている米国株式はこんな感じです。

標準的なS&PとS&P500クオリティ高配当指数では大きな差が出ました。短期的にはIT業界等が相場を大きく牽引しているため、伝統的な業界を含めてより広く投資するS&P500クオリティ高配当指数はそこまでの恩恵を受けていない印象。中長期的には差は縮まってくると予想します。

リターン(6ヵ月)リターン(3年)
eMAXISSlim米国株式(S&P500)32.0%
eMAXISS&P500クオリティ高配当インデックス15.7%95.2%
NISAでの実績(成長投資枠)※毎月投資7.8%
スポンサーリンク

インド株式

NISAの4分の1程度を充てているインド株式はこんな感じです。iTrustインド株式は僕が投資しているポートフォリとの中で唯一のアクティブ型ファンドですが、Nifty50指数に連動するiFreeNEXT インド株インデックスと比較してほぼ一貫してリターンが上回っており、好調です。

リターン(6ヵ月)リターン(3年)
iFreeNEXT インド株インデックス23.7%
iTrustインド株式25.9%87.8%
NISAでの実績(つみたて投資枠)※毎日投資15.7%
NISAでの実績(成長投資枠)※毎月投資7.3%
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
takekuraをフォローする
ロサンゼルスMBA生活とその後