屋久島、安房川でカヤック。想像以上にお手軽で楽しい!

スポンサーリンク
たび

子供達の受験が無事に終わったお祝いに家族で屋久島へ旅してきました。

屋久島の2日目は、まず朝から苔むす森(白谷雲水峡)で3時間ほどのお気軽トレッキングで「もののけ姫」の世界観を満喫。

白谷雲水峡でお弁当ランチを頂いた後、午後は車で宮之浦から南へ移動し、安房川でカヤックを楽しみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

装備の準備、カヤックの漕ぎ方レクチャ

午前中に引き続いて、「LUFF-UP TOUR」の和田さんが手取り足取り教えてくれました。

まずは、装備の装着から。基本的には、午前中のトレッキングと同じ格好で大丈夫です。その上にライフベストを着て、トレッキングシューズの代わりに「沢足袋(さわたび)」に履き替えれば準備完了。 どちらも和田さんが準備しておいてくれたので助かりました。

沢足袋というのは初めて履きましたが、底がフェルトやラバーになっていて滑りにくく、長靴のような形をした沢歩きに適した靴です。

続いて、カヤックの漕ぎ方レクチャ。実はカヤックは6年前に息子が中学生、娘が小学生に進級するタイミングで訪れた西表島でシーカヤックを経験したことがありました。

ただ、6年振りということですっかり忘れていたので、オールの持ち方から教えて頂きました。実際に陸の上で各自、カヤックに乗り込んでみて足の置き方、姿勢等を確認。

足置きの場所のフィッティング
スポンサーリンク

いざ、安房川に出航!

準備が整ったところで、各自、自分のカヤックに乗り込んで、いざ安房川に漕ぎ出しました。小6娘がひとりで乗れるか少し心配していましたが、すぐに慣れて上手に漕げるようになっていました。

並んで出発!

もともと雨の予報でしたが、途中から雨が時々パラパラする曇り空。晴れたらもっと気持ち良いんだろうなぁと思いながら、上流に向けて出発しました。

思い思いのペース、コースでゆっくり上流へ

途中、右手に砂浜を発見して上陸。ここは干潮の時だけ出現する砂浜だそうで、しばらく小休憩しました。

干潮の時だけ現れる砂浜
砂浜に上陸してしばし休憩

更に上流に向けて漕いでいきます。他にカヤックをしている人が誰もいない静寂の中、新緑で覆われた山々と清流をぜいたくに味わいます。

新緑が眩しい
鏡面のような写り込み

しばらく進むと、前方に橋が見えてきました。この橋をくぐった先は岩場の急流となっており、いったんカヤックは行き止まり。この地点で折り返して下流に向かいます。

左手に見える水しぶきはダムからの放水

はじめは川の流れに反して上流に向かうのはキツいのではと思っていましたが、実際には大きな川の下流の方なので川幅が広く、流れもゆったりで何の問題もありませんでした。

スポンサーリンク

LUFF-UP TOUR(ラフアップツアー)

準備開始から2時間ちょっと、安房川のカヤックを満喫できました。ネット上で色々と検索した結果、午前中に苔むす森にトレッキング、午後に安房川へ移動してカヤック、という贅沢なガイドツアーは「LUFF-UP TOUR」だけでした。

ウェブサイトもお洒落で格好良く、また代表の和田さんが同い年ということで親近感が湧いて今回のプライベートガイドを和田さんにお願いしました。 結果、大正解!

ポイント、ポイントで家族写真を沢山撮って頂いたほか、家族のペースや状況をこまめに気配りしながら的確に、優しく1日ガイドして頂きました。

家族や仲間で屋久島を旅する際のガイドは「LUFF-UP TOUR」、自信を持ってお勧めします!

お土産に頂いた絵葉書とピンバッチ
スポンサーリンク
たび
スポンサーリンク
シェアする
takekuraをフォローする
ロサンゼルスMBA生活とその後 2019~
タイトルとURLをコピーしました