大菩薩峠ハイキング

スポンサーリンク
たび

お手軽に富士山の絶景が望めるということで友人お勧めの大菩薩峠にハイキングしてきました。

自宅から2時間ちょっとで登山口まで車で行けてしまうお手軽さも魅力。平日ということもあり、午前9時前でもロッヂ長兵衛近くの県道218号線沿いにある駐車場(市営無料上白川峠第二駐車場)に停車できました。

県道218号線沿いにある市営無料上白川峠第二駐車場
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロッヂ長兵衛から福ちゃん荘へ

ロッヂ長兵衛の脇に登山道の入口があります。秩父多摩甲斐国立公園の大菩薩嶺登山道です。

コースは大きく2種類で、1つは雷岩を経由して大菩薩嶺を目指すコース。もう1つは、大菩薩峠に行くコースです。

登山道の入口にある看板

20分ほど歩くと、福ちゃん荘に到着。ここがコースの分かれ道です。

スポンサーリンク

福ちゃん荘から大菩薩峠ルートへ

福ちゃん荘の脇にある看板を見ると、表登山道を通って大菩薩峠に至るコースの方が簡単そうで「富士山の眺め良い」とのことだったので、大菩薩峠ルートを選択することに。

福ちゃん荘から40分ほどで大菩薩峠に到着です。

先に見える山が親不知頭

晴れていれば左手に富士山が綺麗に見えていたはずでしたが、残念ながらお目当ての富士山は雲の中。

富士山の代わりに大菩薩湖を望む
スポンサーリンク

親不知頭

大菩薩峠から10分ほど、親不知頭まで歩きました。眼下に見える大菩薩峠はマチュピチュのようでした。

親不知頭から眺める大菩薩峠
親不知頭から望む賽の河原と妙見の頭

親不知頭まで登ったところで、来た道を引き返しました。

大菩薩峠からだと左手に富士山が見えますが、大菩薩嶺コースの雷岩からはちょうど真正面に富士山が綺麗に見えるそうです。

今回は残念ながら富士山が見られませんでしたが、次回は秋の晴れた日にリベンジして、大菩薩嶺コースから富士山を正面に眺めてみたいと思います。

スポンサーリンク

石和温泉のし奈乃で蕎麦ランチ

ランチは宿のある石和温泉のし奈乃で天せいろ大盛りを頂きました。

「昭和40年山梨県で初の手打ちそば店として誕生」したというこのお店、1,950円と少々値は張りましたが、喉越し爽やかな美味しいお蕎麦でした。

ランチの後はワイナリー巡り。

スポンサーリンク
たび
スポンサーリンク
シェアする
takekuraをフォローする
ロサンゼルスMBA生活とその後 2019~
タイトルとURLをコピーしました