横浜イングリッシュガーデンで秋の薔薇デート

スポンサーリンク
たび

21回目となる結婚記念日は、娘と息子はそれぞれテニス部の試合で朝から外出。4月に子供たちがそれぞれ中学と大学に進学してから、次第に静かな週末が増えてきました。

今日は昼過ぎからのんびりと横浜のイングリッシュガーデン「オータムガーデンフェア2019」に出かけて彼女とデート。

秋の薔薇も終盤でしたが、色とりどりの花が綺麗に咲いていて、敷地内は甘い香りで満たされていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋の収穫祭をモチーフにしたYEGハーベストディスプレイ

敷地内をまっすぐに貫くローズトンネルには秋の収穫祭をモチーフにした様々なディスプレイが飾られています。

イングリッシュガーデン入口
春はバラで覆われるトンネルも秋は緑一色
珊瑚紫豆
スポンサーリンク

秋の薔薇

「秋の低温の中で咲くバラは、春に比べて花色が鮮明で、一輪一輪が美しいのが特徴」だそう。

10月中旬から11月中旬までが見頃とのこと、秋のバラを楽しむのにちょうど良いタイミングでした。

Bolero
りくほたる
Tamora
Angelika
unknown
Espresso
Summer sunshine
La Mariee
Eyes for you
Enchanted evening
Sister Elizabeth
ゴット・フリーウィン
Sharing a happiness
ZENdwarfblack
Elizabeth Taylor
Mercedes
Top Marks
スポンサーリンク

カフェでひと休み

ぐるっとガーデンを散策した後は、敷地内にある小さなカフェで休憩。ローズとバニラのミックスソフトクリームはほのかにバラの香りがしました。

スポンサーリンク

コピスガーデン横浜でお買い物

入り口近くにはバラ関連グッズやガーデニング用品などが豊富に並ぶお店も。店外には様々なバラの苗も売っています。

ここで、Rose Synactifとつるバラ(ロココ)の苗を購入。我が家の庭も少しずつバラが増えてきました。

これで薔薇の苗が4つ並びました

横浜イングリッシュガーデンは駐車場が有料ですが、入場すると2時間無料、またカフェ利用で2時間、ショップ利用で2時間それぞれ無料になるため、実質的には駐車料金を気にすることなく楽しめます。

紫陽花のバリエーションは首都圏でも屈指とのことなので、春のバラと一緒に楽しめる6月あたりにまた訪ねたいと思います。

スポンサーリンク
たび
スポンサーリンク
シェアする
takekuraをフォローする
ロサンゼルスMBA生活とその後 2019~
タイトルとURLをコピーしました