オアフ島~ワイキキ、ダイヤモンドヘッド

スポンサーリンク
たび

夏休みでオアフ島、ハワイ島を旅してきました。まずは、定番のオアフ島へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JALファーストクラスラウンジ

2019/4/1にリニューアルオープンした成田空港のJALファーストクラスラウンジではカウンターで職人さんが寿司を握ってくれます。

ネタは週がわり
翌週はヒラメでした

また、AFURI(阿夫利)柚子塩らーめん等、麺類も充実。シャンパン(ローラン・ペリエ ラ キュベ)もあります。

21:10発のJL784便を待つ間、ゆっくりと夕食を頂きました。

スポンサーリンク

ホノルルに到着したらまずSIMカードを入れ替え

今回はこちらのSIMカードを予め日本で購入しておきました。

実際に使用する日を指定してWebから事前にアクティベートしておくと、その日の0時から使えるようになる仕組み。APN設定も不要でホノルル空港でSIMカードを挿入しただけですぐに使えました。

妻と僕とで2枚購入しましたが、ほとんど一緒に行動していたので1枚だけでテザリングしても良かったかも。

また、LINE通話は音質が悪かったので、2枚買うなら音声通話も付属しているSIMカードの方が安心です。

Tモバイルの4G回線が使えて、1週間、データ通信、国内通話、SMS使用無制限で2,000円位というのは格安ですね。

スポンサーリンク

空港~ワイキキ間の移動はUberが早くて安い

空港からワイキキへはUberが活躍。乗り場は2Fの出発階、JALだとロビー5がすぐそこです。$25ほど、30分くらいでワイキキのホテルに到着です。

スポンサーリンク

ワイキキビーチ

ホテルの部屋はワイキキビーチが目の前でどこに行くにも便利な場所でした。

部屋のラナイからはビーチが一望

チェックインは14時と聞いていましたが、12時前にホテルに到着したところ、たまたま部屋が準備できていたのでラッキーでした。

水着に着替えて、とりあえずビーチへ。このお手軽さがワイキキの魅力。

娘が作った砂団子
スポンサーリンク

海に沈む夕陽

ワイキキビーチからサンセットも綺麗に観られました。

スポンサーリンク

バスでダイヤモンドヘッド登山口まで移動

カピオラニ公園からダイヤモンドヘッドを望む

ワイキキを中心にオアフ島の要所を巡るThe Busは、往復と同料金($5.50)で1日券が買えるのでおすすめです。僕らは登山の後にバスでアラモアナセンターに移動してショッピングを楽しみました。

ダイヤモンドヘッドにバスで行くには、ワイキキ中心部を横に走るKuhio通り沿いのバス停から23番のバスに乗り、Diamond Head Rd + Opp 18th Aveで降ります。(2番のバスは1つ手前のKapiolani Community Collegeで降りる)

そこから山に向かって歩き、展望台を過ぎてトンネルをくぐると15分ほどで登山口です。

スポンサーリンク

ダイヤモンドヘッドからワイキキを望む

オアフ島に来たら一度は登りたいダイヤモンドヘッド。娘は初めてのハワイだったので初登頂です。

展望台まで一気に上る最後の階段
展望台からワイキキを一望
展望台から山側を望む

往復1時間ちょっとのハイキングを頑張ったご褒美は、登山口にあるドールのジューススタンドで買ったパイナップルスムージー。

日陰で爽やかな風に吹かれて芝生の上で飲むスムージーが美味しい!

ドールのブースは大人気
スポンサーリンク

エッグベネディクトやバーガーなど

ハワイといえば、こんなお食事などを楽しみました。

Egg’n Thingsのエッグベネディクト
Cheeseburger in Paradiseのチーズバーガー

続きは、シークレットビーチと絶景トレイル!

スポンサーリンク
たび
スポンサーリンク
シェアする
takekuraをフォローする
ロサンゼルスMBA生活とその後 2019~
タイトルとURLをコピーしました