enman 醤油を入れると写真のようにリアルな絵柄が浮かび上がる不思議な醤油皿

スポンサーリンク
お買い物

フォトリアル醤油皿という面白い商品を見つけたので4枚買ってみました。

デジタルデザインと職人の技によって生まれた白磁の-enman-。3Dプリンターで原型を作成し、その原型から石膏型を作って、方に白磁の泥を流し込んで焼成しています。

細かい柄が消えないように、透明の釉薬を極力薄がけしています。日本六古窯の一つである瀬戸焼の白磁になります。

白磁の透明感と丸い形状で、和にも洋にもお使い頂けるようデザインしました。

商品パンフレットより
スポンサーリンク
スポンサーリンク

商品パンフレット

商品に同包されていたパンフレットには4つの絵柄が掲載されていました。

我が家では「逆さ富士と桜」と「厳島神社の大鳥居」の2種類を2枚ずつ購入することに。

スポンサーリンク

実際に醤油を注いでみると…

パンフレットに書かれていたとおりに、まずは醤油を少しずつ注ぎ、絵柄の半分くらいが隠れたところで、色々な角度に皿を傾けて全体に醤油が行き渡るようにします。

厳島神社の大鳥居(使用前)

すると、写真のようにリアルな絵柄が浮かび上がってきました!

醤油を注いだ姿

逆さ富士と桜はこんな感じです。

逆さ富士と桜も綺麗に浮かび上がりました

特に難しいスキルもなく、子どもでも簡単にできるのがいいですね。プレゼントにもいいですし、お客さんが遊びに来た時に出すのも面白そうです。

ネットから注文できますので気になる方は検索!

スポンサーリンク
お買い物
スポンサーリンク
シェアする
takekuraをフォローする
ロサンゼルスMBA生活とその後 2019~
タイトルとURLをコピーしました