ラーメン豚山 元住吉店は天井が高いが二郎インスパイア系

スポンサーリンク
好きなお店

二郎インスパイア系のラーメン豚山が元住吉駅前、オズ商店街側にオープンしたので行ってきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

駅前の一等地に構える豚山

噂では家賃120万円/月という駅前一等地に構えるラーメン豚山。11時開店で24時まで営業、オープンから行列が絶えない人気ぶり。

土曜の11:30で店内3人、店外5人待ち

想像よりも広く天井が高い店内、ラーメン屋にありがちなキツキツなレイアウトでなく、ゆったり目で落ち着いて丼と向き合えます。

店員2名と女性スタッフがキビキビと好印象な接客
ラーメン屋らしからぬ高い天井で解放感抜群の店内
スポンサーリンク

小、野菜、ニンニク

二郎インスパイア系に倣い、ここも麺が仕上がったタイミングでトッピングを問われます。

とは言え、食券になる前のかつての二郎本店で繰り広げられたオヤジさんとの真剣勝負、アイコンタクトを逃さず小か大かの丼サイズを言い、更に着丼前に呪文の如く「小W野菜ニンニク辛め」とかオーダーするような緊張感は皆無。

丼のサイズは食券で示されていますし、トッピングは店員のせんとくんが元気に優しく尋ねてくれます。

また、カウンターには丁寧にトッピングのオーダー方法を説明する紙まで貼られているので、二郎が初めての人でも大丈夫です。

トッピングオーダー方法

僕は初回なので、まずは定番の「小、野菜、ニンニク」でオーダー。小は麺250gなので普通の店の大盛(茹でた後は約400g)、野菜をコールすると野菜が450g(通常300g)、合計で850g+スープといった具合。

駅前一等地で780円は、このボリュームにしては頑張っていると思います。

初回
2回目(小、野菜、ニンニク)
3回目(小、野菜、ニンニク少な目)
4回目(小、野菜、ニンニク少な目)
スポンサーリンク

二郎インスパイア度は?

麺は二郎のようなごっつい感じではなく、家系にありがちな太めでもちもちした平麺のような麺。平塚の四之宮商店の麺と思われます。

スープはコッテリ脂ではなく、二郎っぽい濃い醤油系。

野菜は今回オーダーの増しで450gとのことでしたが、二郎の増しより少ない感じ。

チャーシューは厚いのが2枚。僕が自宅で作るような味わいでした。ぶ厚さはなかなかのインパクトです。

総合的に二郎本店を彷彿とさせる懐かしい味でした。

お手軽に二郎の雰囲気を楽しむには良いお店だと思いますが、逆にインスパイアされた結果として本物の二郎と向き合いたくもなります。

スポンサーリンク
好きなお店
スポンサーリンク
シェアする
takekuraをフォローする
ロサンゼルスMBA生活とその後 2019~
タイトルとURLをコピーしました